玄米ダイエット

私ががおすすめするのが、玄米ダイエットというダイエット法です。
これをおすすめしたいのには理由があります。
他のものとは違い、か~なり興味深い部分があるのです。

この玄米ダイエットとというのは、玄米に含まれる繊維質やミネラルを摂取することです。体のバランスを整えるダイエット方法です。最近は「玄米中心の菜食生活をこころがけよう」という「マクロビオティック」や「生食」という考え方がひろがってきているようです。
玄米ダイエットは即効性は期待できないのですが、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいるため、長期的に利用することにより、健康面からも良い効果が得られるということです。しかし、よりダイエット効果を狙うなら、適度な運動も併用することが必要でしょう。

玄米の摂取方法ですがウィキペディアから抜粋すると、玄米を炊いたり粥にしたりすると、胚乳は膨らみ、糠層は膨らまないので破れる。

圧力釜で炊けば、糠層も消化の良い分子になり、食感も良く、日本人好みの粘りがあるように炊ける。 といっても、白米に比べれば食物繊維が多いため消化が悪く、胃腸が弱っている場合は消化不良になることもある。

圧力釜が出現する前と同じく一晩水に浸けて吸水させた後、普通の炊飯器で炊くことも可能である。トウモロコシの穀粒の皮と同様に糠層の消化が悪く、吸水時間が短ければ食感も悪くぼそぼそになるが、12時間以上浸けて、分量の1.5倍ぐらいの水で炊くと普通に炊けるようになる。 発芽玄米であれば、玄米炊きに対応していない炊飯器でもおいしく炊ける。

農産物検査法による公示の農産物規格規程で、籾の混入が、玄米は一等で0.3%以下と定められている。茶碗一杯3000粒として9粒まで許容されている。白米は、0.0%と定められている(つまり最大で0.04%であり、茶碗一杯3000粒として1.2粒)。 この規格は、白米の原料としてのものといえ、玄米食用としての公的規格や業界団体の規格は無いので、玄米食用として販売されているもの以外は、籾の混入が多い。 標準の30kg袋入りは、玄米食用と断りのない限り、白米の原料である。少量で販売されているものは、玄米食用と家庭用精米機による自宅精米用がある。発芽玄米は玄米食用として販売される。

レトルトの粥や、シリアル食品などにも加工される。発芽玄米では、白米と同様、無菌パックのご飯も市販されているということです。


解説が少し長くなりました。どのみち興味のある方は、実際にご自分でチェックしていただくのが一番良いと思います。
詳しくは「玄米ダイエット」で検索していただくか、ここで紹介する玄米ダイエットの本を見て下さいね。
とにかくおすすめ!!します。

なぜ玄米ダイエットをもっと早く知ることができなかったんだろう・・・と思っているんですが、今の世の中、インターネットにはとんでもない量の情報があふれているので、貴重な情報を見つけられにくくなっているんですよね。
便利な世界になったのはいいのですが、こういうところに落とし穴がありますね・・・・。




[本サイトは下記のスポンサー様の広告にて運営されています]

脱毛器具で無駄毛をお手入れ
脱毛器具

意外と簡単なソーラー発電
ソーラー発電



[PR] 運営者イチ押しサイト
 COPYRIGHT RIGHTS RESERVED.